Employee Interview

水本 善暢

  • 新築事業部
  • 取締役
何故、自社に転職しようと思ったのですか?

転職前は、個人の工務店で大工をやっていました。
小さな工務店だったため、どうしても仕事に浮き沈みが多かったです。
転職を考え始めた際に、地域情報誌「さるぼぼ」に弊社が掲載されており、電話をしたことがきっかけです。

私が入社を希望したタイミングは、弊社はまだまだ会社としては小さかったです。
まさにこれから頑張っていこうというタイミングで、ショールームも出来たばかりでした。
勢いもあったため、一緒に会社をスケールアップさせる中で、お客様を幸せにしていきたいという気持ちとともに転職をしました。

転職にあたって不安なことはありましたか?

前職では大工・設計も経験していたことから、仕事面では力を発揮できる自信はありました。
しかし、勢いのある会社はすぐに沈んでいくというジンクスがあったため、家族の生活などを考えて不安はありました。

入社1年程度で他社の営業のノウハウを導入することとなりました。
その際、社長から一緒に来ないかと進めてくれたことがうれしかったです。
その時に会社に対する責任感が芽生え、絶対に会社を大きくすると決心し、不安はなくなっていきました。

営業面の経験はなかったのでそこも少し不安でしたが、やっていくうちにしゃべることの楽しさも感じました。
結果的に最初の営業から現場までを全て見ることができ、仕事はすごく楽しいと感じております。

どのようにスキルアップされましたか?

「昨日の自分に勝つ」という意識の中で、毎日努力をしております。
そのため、本や研修にも積極的に取り組みました。
入社のタイミング的に、現場と設計を両立させる必要があったので、倉坪社長の設計手法を手探りを学びました。
会社が大きくなるにつ入れて、次は仕組みづくりに力を入れました。
自分の背中を見せながら、先頭に立ってメンバーを引っ張りました。
幸い部下に恵まれていたため、メンバーのみんなからアドバイスもらいながら仕組みを作りあげました。
更に会社が大きくなり部署を持つようになり、数字を追うようになり、みんなで奮闘しております。
今後は、数字を追うだけではなく、未来を描くところを作れるようにしていきたいと思っております。

自社のどんなところが好きですか?

弊社の好きな点は4店あります。
1点目は、大企業ではないため、自分の取り組みや意見がすぐに会社に反映・導入される点です。
社長がトップダウンではなくボトムアップで臨機応変に導入してくださる器の広さがあるため、自分たちの手でどんどん会社を良くする・育てることができます。
2点目は、若い社員にもたくさんのチャンスがある点です。
弊社は、これからもたくさんのグループ会社を作っていきたいと考えています。
若い子でも社長になるチャンスがあるため、社長になるための階段を歩み、成長していってほしいと思っています。
3点目は、会社の社風が明るいことです。
これゆえ、社員同士仲が良く、プライベートの付き合いもあります。
4点目は、会社の成長と共に、わくわくしながら働けることです。
「地域一番点になる」など、描いているビジョンはすべて有言実行しております。
常に目標に向かって進んでいるため、日々わくわくしながら働いています。

求職者の方へのメッセージをどうぞ!

私は入社してから10年足らずで役員になることができました。
これは、自分自身が成長を求めて走り続けたからこその結果だと思っています。
転職をする時は、自分を変えたくてやっていると思いますが、歩みを止めなければ必ず成功すると思います。
やりたいことを自分で決めて走ってみませんか?結果はついてきます!
弊社では、皆さんがチャレンジできる場を用意していきます。ぜひ弊社で自分のやりたいことにチャレンジしてみてください!

水本 善暢

その他の個別インタビュー

It's good to see you.